ティールジャーニーキャンパス

9月14日に東工大にて『ティールジャーニーキャンパス』が開催され、ぼくは、運営サポーターとして活動させていただきました。

改めて、自分自身に問われたのは、「今の自分にとって本当に意味のあることは何か」ということでした。そして、その問いに対して、「地球の命と、人の命がお互いに尊重し合えるような関係性づくり」をしていきたいと思いました。理由は分かりません。

けど、きっとこれに向けてぼくは歩いていくんだと思います。

直感に従う

ティール組織著者のフレデリック・ラルーさんも特別に来日され、登壇し、ご自身のパーソナルなストーリーをお話ししてくださいました。

そのお話の中で一番心に刺さったのは、「大切なのは『人生の目的は何か?』の問いではなく、『今の私がこの瞬間、何をするのが最も意味があるのか?』ということ。そして、その問いへの直感的な感覚に従えば自然と成果は巡ってくる」という言葉でした。

以前、株式会社はぐくむの小寺さんにも同様の考え方を共有していただき、この言葉は今この瞬間に自分にとって必要な考えであり、課題でもあると感じています。

ホラクラシーとプロセスワーク

他にも多くの分科会や、ランチにも様々な企画があり、本当に贅沢な時間となりました。ぼくは、ホラクラシーとプロセスワークを学びました。

ホラクラシーでは、日本初Holacracy(ホラクラシー)認定ファシリテーターの吉原史郎さん、株式会社BowLの荷川取佳樹さん、ホラクラシーコーチの藤井宏次​さんからお話を伺いました。

個人の内面や関係性をきちんと受けとめながら、組織行動を変容させていくことが重要であり、その方法がきちんと体系化されていました。

と、同時にしっかりと実践していくことがとても重要な概念なので、その部分については実践して初めて得られる学びや気づきが多そうだなと思いました。

また、プロセスワークでは、バランスト・グロース・コンサルティング株式会社の松田栄一さん、山碕学さんからお話を伺いました。

関係性や、そこにある感情、大切にしたい願いを可視化することから対話が始まることが印象的でした。まずはファクトから整理することでメンバー間の認識齟齬やズレを極小化し、話し合いを建設的に進めることができると思いました。

受講直後は、正直、何か目新しい情報があったなという感覚はあまり無かったと思ってましたが、振り返ると、きちんと現実に即しており現実を変える力を持っているのだと思いました。

この瞬間、本当に意味があること

会の最後に「あなたが今、この瞬間、本当に意味があると思う取り組みは何ですか?(今すぐにできるかできないかは脇において…。)」という問いが会場に投げられました。

その時に、ぼくから出てきた想いは『地球の命と、人の命がお互いに尊重し合えるような関係性づくり』でした。なぜそうなのか、具体的に何をどうやっていくのかについては全く想像もついていませが、ぼくが授かった言葉はこれでした。

この授かった言葉をきちんと受けとめつつ、生きていきたいと思います。