理想の人生とは vol.1

理想の人生とは何か。今日は、このことについてお話したいと思います。ぼく自身が理想の人生を歩んでいるときの要素はこの5つ。

  • 日々、心からワクワクして生きていること
  • 家族が仲よく幸せに暮らしていること
  • 尊敬できる仲間と一緒に活動していること
  • 自分の力で未来を切り拓く支援をしていること
  • 世界で最高のファシリテーターになっていること

今回は、『日々、心からワクワクして生きていること』について綴っていきたいと思います。

ワクワク感が大切な理由

自分自身のことを100%分かっていない中では、目の前の一瞬一瞬を大切にして、感じたことを味わいつくすことって本当に大切です。

例えば、「朝、目覚めた瞬間から体の内側から湧きあがってくる感じ」「その話を誰かにしていると、にやにやがとまらない感じ」をきちんと味わうこと。そういう感覚を大切にすることで、自分が望む生き方をしているのか、そうではないのか分かるようになってきます。

ワクワク感を持って行動できることは何か、また誰と一緒やるといいのか、もしくはどこでやっているのか。そういうことを少しずつ意識することで、心地よい暮らしや働き方の方向性が分かり、行動することができます。

翼が生えた自分

そういう感覚を大切にすると、人生レベルでどんな変化があるのか。

学生団体のときの経験ですが、何十年という歴史の中で、最速で代表を務めることになりました。毎年、延べ1,000人ほど参加するような大きなイベントを開催し、環境省や企業からもご支援いただくような団体で、簡単に代表になれるわけではありません。

では、なぜできたのか。今思えば、自他共に「ぼく自身が代表を務めたらどんな団体になって、どんな進化をしていくんだろう」とワクワクしていたからだと思います。

というのも、入団当初から自分がワクワクすること・やってみたいことをメンバーに伝え、試行錯誤しながら行動し、実際にカタチにした実績があったからだと思います。その日々は、本当に楽しく、背中に翼の生えたような感覚でビュンビュンと行動していたのを覚えています。

また、協力いただいた実業家の方から「年数じゃなくて、想いだよ。大切なことは。」と仰っていただいた言葉が今でも強く記憶に残っています。

行動が生む爽快感、爽快感が生む行動

ワクワク感を持って行動しているときのエネルギー量は際限がなく凄まじいものです。フロー状態に入っているので、ゴールに向けてどんどん行動していきます。自分も、周りの人も信じられないくらいの行動力に圧倒されている状態でもありますね。

そんな風に行動するので、ぐわっとゴールに近づく爽快感が得られます。その爽快感を味わえるからこそ、気持ちよく行動できる。さらに、爽快感を得られる。このような循環が生まれ、加速していきます。そして、ありがたいことに応援してくれる仲間もできます。

これをお読みの方も、改めて自分がワクワクしていることが何か考えてみてほしいなと思います。自分自身と丁寧に向き合って、ワクワク感を軸にした行動ができると本当に嬉しいですね。