ひろしま里山ウェーブ現地!

神石高原町って

広島県神石高原町からお届けしています。「神石高原町?なんて読むの?どこ?」って思われた方向けに少し神石高原町についてお話したいと思います。

神石高原町は“じんせきこうげんちょう”と読みます。珍しい名前ですよね。岡山県との県境にあって、神石和牛(肉牛のオリンピック出場!)や丸豊トマトが有名です。生産量の関係でどちらも市場に出まらないですが、めちゃくちゃおいしい!

山に囲まれていて鉄道も高速道路もない地域で、交通の便はあまりよくありません。けれど、人間が人間らしく生きられる場所なのでぼくはとても好きです。とにかくあったかい。受け入れてくれる心が。

現地では

ひろしま里山ウェーブのメインでもある現地実習では、こんなところを回りました。神石高原町は自然に恵まれてるいい場所だなというのと、ご飯だけでなく、人もほんわかしてる。また、遊びに行こうと思います。

  • 里山食菜館 和(かず):おばちゃんの愛情こもったご飯が沁みました
  • 神石高原ティアガルテン:サイクリング最高!
  • 神石高原町立三和中学校:校長先生に地元の教育について教えてもらいました
  • とよまつ 紙ヒコーキ タワー:ただただ紙飛行機を飛ばすための場所とかありなのか…
  • 帝釈峡:遊覧船がめっちゃ気持ちいい

他にも色んなところを回ったけれど、行くたびに新しい発見と出会いがあるってすごいですよね。もう何回、行ったか覚えていませんが。

学び

初めて神石高原町を訪れる人にとっても、リピーターのぼくでも何度でも楽しめるのは素直にすごいなと思いました。小水電力発電所なんてあったんか…みたいな。

参加者の希望を元に場所と会う人を決めたのですが、やっぱり自分の興味関心のある分野だと、その人のテンションってめっちゃ上がるんですよね。それを一度だけのものにせず、地域と一緒にどうやって歩んでいくかを考えることがぼくの役目なのだと思っています。

地元の人にとっても、わざわざ都会から若者が来てくれると喜びになるんですよね。それほど価値のある場所だって再認識するから。その時の目の輝きといったら、本当に玉のようにきれいです。

その一つの挑戦として、マイプロジェクトを一緒に作っていける勉強会を開催しています。少しずつ望む未来へと歩むために。