ひろしま里山ウェーブ開始!

始まりはご縁

今年も「ひろしま里山ウェーブ拡大プロジェクト」が始まりますね。2015年に産声をあげ、広島県庁が主催しています。ソトコト編集長の指出さんとの出会いでもありました。なつかしい。

ある日「広島で面白いことが始まるみたいなんですよ。ぜひ、参加してみませんか?」とのお誘いが。縁もゆかりもない場所だったけれど『田舎=自然が豊か』というイメージと、幸福学の研究をされている加藤せい子さんが参加を後押し。

結果的には、本当に一歩踏み出してよかった。当時は想像もしなかった様々なところで実を結んでいます。本当にありがとうございます。

初めての神石高原町

山々がまるで暖をとるかのように赤紅色に染まる2015年11月初旬。広島県神石高原町に到着。そこでの体験が新鮮で、心地よい時間が流れてました。本当にサイコー!

例えば、こんにゃく農家で農業体験をさせてもらった時の話。「ほい、到着したぞ〜」と“The田舎”な畑。60代くらいの元気なお姉さん達(まだまだ元気)が談笑していたところにおじゃまさせてもらいました。

その後、色々な話(その後の企画の原点)を聞きながら収穫体験。お姉さん達も一緒になって作業を行って、わいわいと楽しく私過ごしていました。

ふと、「この町のいいところは何ですか?」と聞いたとき、特に自慢するわけでも、誇張するようでもなく彼女はこう教えてくれました。

ここは人間が人間らしく生きられるところじゃけん

身も心もジーンとした。なんて豊かなんだろう。目に見えてる情景、そして、この町の過去から現在の全てがその言葉に集約されてる気がした。

参加者ではなくメンターとして

今年は、神石高原町のサブメンター兼地域コーディネーターとして活動します。このお話をもらった時は本当に嬉しかった~!ジャパン総研さん、ありがとうございます。

地域共創カレッジを通して学んだマイプロジェクトという手法を用いながら、私起点で地域とどう関わっていくか考え、実践していきます!